2009年08月17日

アーマード・コアの歴史

アーマード・コア (ARMORED CORE)は、フロム・ソフトウェアから発売されたプレイステーション用ロボットアクションゲームであり、アーマード・コアシリーズの第1作である。ファンの間では『初代』や『無印』、『AC1』と呼称される事がある。1997年7月10日発売。2007年7月26日からはプレイステーション・ストアのゲームアーカイブスでダウンロード販売がセフレされた(PS3用)。未来世界、大破壊と呼ばれる全面戦争によって世界は荒廃し国家や政府は消滅した。僅かに生き延びた人類は地下都市へと逃れることとなり、地上への復帰を逆援とする企業連合体のもと、「百年計画」がスタートする。しかし、計画進展につれて巨大企業間の抗争が激化、ここで活躍するのが「レイヴンズ・ネスト」に所属するレイヴン達であった。主人公もその一人であったが、あまりの活躍に巨大企業自体が崩壊してしまう。主人公はイレギュラーとして他のレイヴンからも追われ、その末にレイヴンズ・ネストの中枢に触れることとなる。
posted by ぶっく at 12:42| Comment(13) | アーマード・コア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。